株式会社バリュー・エージェント代表のブログです。

コンフォートゾーン

暖かい日が数日続いたので、季節はすっかり春になったかと思いましたが、
今日は久々に冬に戻ったようです。
そう簡単には冬物をしまわせてくれませんね。
ところで。。。
人間には「恒常性維持機能」という、
常に体の環境を快適な一定した状態に維持する機構が備わっていて、

生体環境を正常な状態に保とうとします。
それによって、体温や血圧や血糖値は一定の範囲内に保たれたり、
胃の中のPHも一定に保たれているのです。
それゆえか、人間の行動にも、恒常性というか、
本能的に居心地の良い場所を探してしまうように
遺伝子がプログラムされているそうです。
”コンフォートゾーン”という、自分がラクでいられる範囲があり
そこから出たくなくなるのだとか。。
ある程度のものを掴むと誰でも保守的になってしまうのは、
遺伝子のプログラムが原因と言えそうです。
ちょうどこの季節の気温のように、
めまぐるしく外部の環境が変わっていく世の中。
居心地がいい状態が続くわけがないのです。
コンフォートゾーンから社員を追い出すのが経営者の仕事ですので、
経営方針発表会とそれに続く社内での会議等で、
危機感をあおり、ゴールのイメージを植え付け、
コミットメントをさせ・・・と、
意識して「コンフォートゾーン」から向け出すような状況を社内に作ろうと
腐心しています。
当然にハレーションもありますが、それも必要なこと。
春に嵐はつきもの。
新芽を芽吹かすには、
通っておかないといけない季節があるのです。
  • Delicious
  • Facebook
  • Reddit
  • StumbleUpon
  • Twitter
  • RSS Feed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.