株式会社バリュー・エージェント代表のブログです。

ニーズの源流

カフェを営む知人が、その日の朝に焙煎した豆を挽いて来たよと言って
コーヒーの粉を一袋プレゼントしてくれました。
なんと香りがいいこと。。やっぱり煎り立ては違いますね。

食べ物にはあまりこだわりがない私ですが、
人生の折り返し点を過ぎてからちょっとは美味しいものを食べたり飲んだりしたいと思う様になっています。
以前は1杯ずつパックになって売っている「19円レギュラーコーヒー」を飲んでいましたが、
最近、少しグレードアップさせたいと思って、豆を買い、少量ずつミルで挽いては飲むようになりました。
それで結構満足していたつもりでいましたが、今回飲ませてもらったものにはかないません。

でも、美味しいコーヒーを飲もうと思うときりがありませんね。
自分で挽いて飲むのに満足できなくなったらその次はどうするのでしょうか?
自分で豆を煎る?
煎るための豆を直接海外から取り寄せる?
でも、それも満足できなくなったら?
いっそのことコーヒーの木を苗から育てる?

話は変わりますが、我々が住宅ローン事業に進出したのは、
もともとは保険のお客様を獲得するのが目的でした。
それも、ちょうどマイホーム取得をするぐらいの、
人生で一番手厚い保障を必要とするファミリー層のお客様です。

そうしたお客様を獲得するために、当初、銀行などの金融機関と提携して
紹介を頂くのが良いだろうと思って信金や信組等へ営業に行きましたが、
先方の素っ気ない態度と、何となく頭を下げて卑屈になっているような自分が嫌になり、
自ら住宅ローン事業を始めました。

ところが、いざ住宅ローン事業をやってみたら、お客様の住宅ローンの選定には、
不動産会社の意向がとても大きく影響し、自ら色々調べてローンを選択している人達はごく少数であることが事が分かりました。
なので住宅ローン顧客を勧誘する為に、今度は不動産会社へ営業に行く事に。

そして不動産会社に営業に行き、ようやく顧客の紹介が徐々に得られる様にはなったのですが、
そこで知ったのは不動産会社の営業マンは色々で、中には顧客本意とは思えない営業手法をとっているところもあり、
お客様の中には、知らず知らずのうちに将来大きなリスクを背負う人もたくさんいるということ。
果たしてこれでいいのかな。。

コーヒー豆と一緒で、こだわりだしたらきりがないとは分かってはおりますが、
ここ数年のビジネス経験を通じて、人生で一番高い買い物をする人達に、
悔いなく、安心で快適な人生を送ってもらうためには、
そのお買い物からお手伝いするしかないなと思っています。

コーヒーの苗を育てる事はしませんが、
我々のビジネスに共感し、安心で快適な生活を望むお客様の輪は育てて行きたい。
そんな思いを共有できる新たな仲間とこれから小さなチャレンジを始めます。
ワクワク感で一杯です。

  • Delicious
  • Facebook
  • Reddit
  • StumbleUpon
  • Twitter
  • RSS Feed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.