株式会社バリュー・エージェント代表のブログです。

ノーオピニオン

先週水曜日に入院して、翌日に耳の手術を受けました。
私が受けたのは、鼓室形成術といって、鼓膜及びその内部(鼓室という)全般、
つまり聴覚に関わる器官全般の疾患を改善する外科的手術です。

幸い、私は鼓膜以外は問題が無かったので、
耳を後ろから切開し、付近にある筋膜を鼓膜に移植して終了でした。
先生いわく、「まだ軽いほうですよ」とのことでしたが、
中には中耳にある音を伝える役割をする骨が変形してしまっている人もいるらしく、
その場合は、耳たぶの中の軟骨の一部を使ってそれらの骨を再建する事もあるそうで、
そこそこ細かい技量がいる手術であるように思います。

最近は日帰り手術も増えていると聞きますが、
私の場合は7泊8日の入院で、退院はこんどの木曜日。
当初は長いなと思いましたが、術後数日は痛みもありますし、
感染の不安もあるので、この位の入院日数は妥当な気がします。

術後の経過は良好だそうで(良かった。。)、一昨日から洗髪もできるようになって
あとは退院を待つばかり。。

ところで、入院してから知ったのですが、
私がお世話になっているのは、なんと創業100年を超えるという
超老舗(という表現が正しいかわかりませんが。。。)の病院です。
現在の院長先生は4代目だそうな。

規模は決して大きくはありませんが、
専門病院だけあって、耳や鼻の疾患に関する手術回数は全国的に見ても多く、
先生は皆ベテラン。麻酔医も常駐しており安心して治療が受けられました。
(これも入院してから知った事)

また、看護師の方々を始め、病院スタッフの対応はとても良いし、
何より食事がまとも。内臓疾患等の患者はいないので、
病院食が全くの普通の食事なのです。しかも結構美味しい。。

外来も受付の周りに誘導専門のスタッフを配置してあり、
受付の際も会計の際も患者を待たせない工夫がされるなど、
CSが行き届いておりそのおかげか、外来も入院もかなりの激混み状態です。

ところで、こんな満足度の高い病院でしたが、
私がこの病院を選んだ理由は、単に職場から近かったから。
手術をするとは思わなかったというのもありますが、
ろくに下調べもせず病院を決め、その場で手術も決めてしまいました。

最終的には結果オーライで良かったのですが、
家族には「手術するならもっと大きな、大学病院とかでなくていいの?」
とか言われてはいました。

最近は「セカンドオピニオン」という言葉がよく使われています。
我々が取り扱う保険商品にも医療に関する様々な情報提供サービスとともに
高名な臨床医によるセカンドオピニオンを売りにしているものが結構あります。

ですから私も、日ごろ客さんには「セカンドオピニオンが・・・。」
「病院選びは重要ですよ」とか言ったりしているのですが、
今回はそんな自分はどこかへ行ってしまったようです。

ただ、もうすこし大きな病気、がんや心臓病とか、生死に関わる病気だったら話は別ですが、
これくらいの手術、特にやってもやらなくても日常生活にあまり支障が無い場合には、
あまり余計な情報は無いほうがいいのかもしれません。

私を見てくれた先生は、やり手の保険のセールスみたいな人で、
いきなり「手術が必要!」と聞いてビビる私に、
「大丈夫だよ。痛くないから心配しなさんな。」
「いまやっておけば、夏にはガンガン泳げるよ!」
と言いながらその場で検査の予約も入院の手配もズンズン進めてくれました。

おそらく、一旦帰って検討しますとか言ってたら、
きっとズルズルと手術を先延ばしにしていた事でしょうし、
あるいは調べすぎてネガティブな情報ばかりを見てしまって、
手術を受ける勇気そのものを無くしたかも知れません。
あまり知りすぎるのもマイナスかも。。
時にはノーオピニオンの方が幸せだったりするのです。

  • Delicious
  • Facebook
  • Reddit
  • StumbleUpon
  • Twitter
  • RSS Feed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.