株式会社バリュー・エージェント代表のブログです。

代理店研究会としての活動

中小企業診断士の資格を取ると、協会(=中小企業診断協会)に入会する事を勧められます。

社労士などと異なり、協会に入会していなくても診断士として名乗れますし、
活動も制限されませんので、プロコン(=独立コンサルタント)として活躍していながら
協会には入会していない人もたくさんいます。
しかし、少なくとも新米診断士の間は、各種情報を得る事とても重要ですし、人脈も作れるので、
多少お金は掛かりますが入会した方が良いようです。

協会は都道府県ごとに「支部」が置かれており、東京都のように登録数が多いところは、
さらに「士会」に分かれています。
どこの所属になっても構わないのですが、私の場合は、会社が千代田区にある事から
「中央士会」に入会しました。

協会内にはさらに研鑽を積み、知識を深める為に各種研究会がたくさんあります。
こちらも特に強制ではありませんが、私は「代理店研究会」に昨年末入会しました。

「代理店研究会」とは、その名の通り、主として保険代理店のビジネスモデルを研究している会です。
といっても、保険業界の人達だけの集まりではありません。
保険会社の人もいますが、銀行、メーカー、政府系外郭団体、など顔ぶれは多彩です。
毎月第三金曜日の夜に集まって色々と討議していますが、主な活動は、業界研究、セミナー開催、
保険代理店への診断の実施などです。

代理店研究会を選んだのは、たまたま東京代協主催のセミナーで同研究会を主催する先生が
講師を務めておられたことがご縁になっています。
 
2月には引き続き代協会員向けに研修を行う事が決まっています。
グループディスカッションを取り入れた長時間の研修になります。
 
これまでは東京代協会員としてセミナー等には参加していましたが、
次回の研修からは講師側の手伝いとして参加する事になると思います。
ブレーンストーミングを参加者の方々に是非楽しんでもらいたいと思っています。
  • Delicious
  • Facebook
  • Reddit
  • StumbleUpon
  • Twitter
  • RSS Feed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.