株式会社バリュー・エージェント代表のブログです。

台風の値段

先週末に日本列島を襲った台風12号は、西日本を中心に大きな爪痕を残しました。

本日の日経朝刊には、損害保険会社全社の保険金支払額は100億円になりそうだとの記事が載っていました。
通常の台風では1回来れば10億円くらいの損害と言われてたと思いますので(違っていたらスミマセン)
10倍以上の規模という事になります。

被害を受けられた地域の方には大変お気の毒な話です。
しかし、日本列島を横に突っ切ってくれたので、まだ助かった人が多かったと思った方がいいかも知れません。
これが日本列島を沿うように東北に進んでいたらと思うとぞっとします。
私の記憶の中では、一番強烈な台風は、平成3年の台風19号です。
私が東京海上に入社したのはその翌年でしたので、直接その対応に携わってはいませんが、
全保険会社による最終的な保険金支払額が56百億円に及び、
ほとんどの保険会社が翌年は創業以来初の赤字に転落したというニュースが驚きだったこと、
またその結果、入社早々大荒れの春闘を経験したことなどが重なり、よく覚えています。
その後も大きな台風が来る度に、「今度はいくらだ?」という目で見るようになってしまったのは、
一種の職業病かも知れません。
それにしても、ここ数年、大きな被害をもたらす台風が増えているのは気になるところです。
損保協会のデータによれば、過去10年の間に支払額が1千億円を超える大きな台風は4回も来ています。
2〜3年に1回の割合で今回の台風の10倍規模の損害をもたらす台風が来ているという事。
大きな自然災害ももはや「想定外」とは言えないですね。
日頃から備えをしっかりしておきたいものです。
  • Delicious
  • Facebook
  • Reddit
  • StumbleUpon
  • Twitter
  • RSS Feed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.