株式会社バリュー・エージェント代表のブログです。

楽しめる雰囲気

ようやく待望の日本人のメダル第1号が出ましたね。
ハーフパイプの平野選手と平岡選手。
ともに素晴らしかった。見ていてシビれましたね。

生粋のスキーヤーである私にとって、
普段スキー場で出くわすスノーボーダーは、
はっきりいって迷惑以外の何モノでもありませんが、
オリンピックだけは別物。
本当に良かった。スノーボード万歳!

ところで、スロープスタイルもハーフパイプも
他の競技よりも気楽に楽しく見られる感じがするのは私だけでしょうか。
競技自体が派手で面白いということに加えて、
スピードスケートなどにあるような、
妙な緊張感がない点が いいなと思っています。

どの選手も若く、まだあどけなさの残る少年もいるような、
若物が中心であるということもあるでしょうが、
カメラを向けられれば、皆笑顔でポーズを作るし、
スタート前にはコーチ陣とハイタッチしたり、
終わった後もおちゃらけていたりと、
いい意味であまり緊張感が感じられないというか、
ラフな感じがあるのが
見ているほうも疲れさせないのかも知れません。

緊張がちがちでこわばった顔をされていると見るほうも気疲れしますし、
さらに、悪い結果に終わって、がっくりと肩を落とし、
涙ながらに「申し訳ない」とか話している選手を見てしまうと、
こちらもいたたまれなくなりますね。

以前トライアスロンをやっている人に聞いたのですが、
「選手にとっては、毎日のトレーニングこそが試合であり、
レースは、厳しいトレーニングに耐えた自分へのご褒美である。
なので、レースに出るからには楽しまなければならない。」
とその人は考えているそうです。

国を代表して出るということに関して日本はどうも固く考えすぎていて、
選手は試合を楽しんではいけないような風潮がありますが、
それじゃ却って力は出せませんね。
若者に頑張ってもらわなければならないわけですから
あまりプレッシャーをかけないようにしてあげたいものです。

職場も同じかも。
若い人たちに頑張ってもらわなければならない仕事では、
おじさんたちは余計なプレッシャーを与えないように静かに見守り、
楽しめる雰囲気を作って、
力を発揮させてあげるようにしたほうが良さそうです。

 

 

  • Delicious
  • Facebook
  • Reddit
  • StumbleUpon
  • Twitter
  • RSS Feed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.