株式会社バリュー・エージェント代表のブログです。

経営者を守る傘

最近、東京商工会議所が会員企業向けに業務災害補償共済という保険制度を作りました。

当社はその窓口代理店になっているので、現在都内の企業に対し拡販活動をやっています。

本共済制度は、傷害保険に使用者賠償責任保険がセットになったもので、もともと存在していた商品の組み合わせではありますが、団体契約のため、保険料が個別に加入する場合の半分程度と安い事が特徴です。
加えて、地震や津波などの天災危険もカバーされ、低コストで経営者の関心の高いリスクに対応できる良い制度だと思います。
仕事柄中小企業のオーナー経営者と話す機会が多いですが、
不景気を反映してか、雇用を巡るトラブルが非常に増えているようです。
中小企業経営にとって最大のリスクは人の採用・管理といっても良いかもしれません。
報・連・相はおろか、ビジネスマナーもろくにしらない社員を注意すればパワハラと言われ、
雇ったはいいが、担当職務に全く適性がなく、面接で聞いていた話とちがうため、
本人と話、納得づくで辞めたのに、誰に入れ知恵されたのか、
数ヶ月後に不当解雇だといって訴えてくる人もいるといいます。
従業員の雇用や労働環境を守る法律、制度は多々ありますが、
経営者を守ってくれるような公的制度はありません。
リスクの割にはたいした給料は取れませんし、会社の資金が不足すれば、自宅を担保にし、
あるいは自ら連帯保証して借り入れしたお金でなんとかやりくりしているのが実情です。
「好きで社長をやっているんじゃないよ」は多くの経営者の本音じゃないでしょうか。
日本の経済を支えているのは中小企業だと言います。
せめて我々が頑張る社長さんに降りかかるリスクをよける傘のような存在にならないと。。
真剣に思います。
  • Delicious
  • Facebook
  • Reddit
  • StumbleUpon
  • Twitter
  • RSS Feed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.