株式会社バリュー・エージェント代表のブログです。

5S

製造現場では5Sという言葉をよく使います。
5Sとはものづくりの現場における管理活動で、「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ」の頭文字の
5つの「S」をとったものです。それぞれの意味は以下の通りです。
整理(いらないものを捨てる)
整頓(決められた物を決められた場所に置き、いつでも取り出せる状態にしておく)
清掃(常に掃除をして、職場を清潔に保つ)
清潔(整理・整頓・清掃された状態を維持する)
躾(決められたルール・手順を正しく守る習慣をつける)
もともとは、安全や品質向上を目的として
「整理」「整頓」「清掃」の3つを中心に「3S」活動として取り組まれてきたものですが、
その後「清潔」「しつけ」が加えられ、現在は「5S」活動として定着しています。
5Sは単なるスローガンではなく、「職場内の乱れや異常の原因となるムダなモノ、スペース、
時間を無くし、職場全体の管理レベルをあげるための最も基礎的な活動と位置づけられます。
従って、業務効率が上がらない組織の原因は、5Sの不徹底であることが多いです。
今日では製造現場に限らず、建設、物流、小売流通、サービス、事務、営業など、
あらゆる職場で重要性が認知され、取り組まれています。
我々が訪問する企業でも、生産性が低い原因が5Sのレベルの低さによるものである事も多く、
5Sが徹底されれば、大抵の問題が解決することも多いです。
ただし、しくみを作り、習慣化すること、その為にトップから現場に至るまで社員の
意識を変えさせることは非常に難しい。5S、奥が深いです。

製造現場では5Sという言葉をよく使います。
5Sとはものづくりの現場における管理活動で、「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ」の頭文字の5つの「S」をとったものです。それぞれの意味は以下の通りです。

  1. 整理(いらないものを捨てる)
  2. 整頓(決められた物を決められた場所に置き、いつでも取り出せる状態にしておく)
  3. 清掃(常に掃除をして、職場を清潔に保つ)
  4. 清潔(整理・整頓・清掃された状態を維持する)
  5. 躾(決められたルール・手順を正しく守る習慣をつける)

もともとは、安全や品質向上を目的として「整理」「整頓」「清掃」の3つを中心に「3S」活動として取り組まれてきたものですが、その後「清潔」「しつけ」が加えられ、現在は「5S」活動として定着しています。

5Sは単なるスローガンではなく、「職場内の乱れや異常の原因となるムダなモノ、スペース、時間を無くし、職場全体の管理レベルをあげるための最も基礎的な活動と位置づけられます。従って、業務効率が上がらない組織の原因は、5Sの不徹底であることが多いです。今日では製造現場に限らず、建設、物流、小売流通、サービス、事務、営業など、あらゆる職場で重要性が認知され、取り組まれています。

我々が診断で訪問する企業でも、生産性が低い原因が5Sのレベルの低さによるものである事も多く、5Sが徹底されれば、大抵の問題が解決することも多いです。ただし、しくみを作り、習慣化すること、その為にトップから現場に至るまで社員の意識を変えさせることは非常に難しい。5S、奥が深いです。

  • Delicious
  • Facebook
  • Reddit
  • StumbleUpon
  • Twitter
  • RSS Feed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.