健康経営優良法人


保険や住宅ローンなどの金融のビジネスと「健康」というテーマは
切っても切れない関係にあります。

健康でなければコストパフォーマンスが良い生命保険には入れませんし、
同様に健康でなければ住宅ローンを組むことだって難しくなります。
そもそも健康でなければ、日々の生活にも不安を抱え、快適な人生は送れないでしょう。

当社は企業理念に「お客様の『安心』で『快適』な暮らしをご支援する」という
ミッションを掲げておりますが、そのミッションを果たす上では、
我々自身がまず健康で、お客様の求めるものを常に先回りして提供できるよう
気力・体力ともに充実していなければならず、
そして自ら率先して健康に対する意識を高め、お客様に健康について
アドバイスできるくらいの存在にならなければなりません。

もともと当社では運動好きな社員が増えてきたこともあって
昨年から皆でランニングをしたり、社内に運動部を作ったりして、
運動を推奨してきておりましたが、
より健康志向を高め、お客様への啓蒙活動を行ったり、
更にビジネス上でも企業としてのブランディングや
健康をキーワードとしたマーケティング活動をも行って行くのに
役立てるため、「健康経営優良法人」の認定を受けることにしました。

「健康経営優良法人認定制度とは、
地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、
特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度」です。
(「経済産業省ホームページ」より引用)

すでに、今年4月には「健康企業宣言」もしており、
11月中の申請を目指し現在準備中です。

ところで、上記認定の申請と並行して、
ある「非常に強力な抵抗勢力」と戦う決意をしました。
それは・・・「社内の喫煙習慣」。

認定基準の中に「受動喫煙対策に関する取り組み」という項目がありますが、
それよりも何よりも、健康経営を実践し、更にお客様の健康にも
関わっていこうとする立場の者が、健康に害があるとわかっていて
あえて喫煙をつづけていることが矛盾していると思うのです。
「どこかのタイミングで・・・」とは思っていたのですが、
この申請が良い機会と思い、いよいよ禁煙運動に取り組むことにしたのです。

手始めに、東京・神田の本社オフィスでは、
今月から、喫煙者用に非常階段に設置していた灰皿を撤去しました。
オフィス外で吸っていても窓を開ければタバコの匂いが入ってきてしまうからです。
同時に、懇親会時の喫煙は禁煙の店にしか行かないというルールも決めました。
「禁煙じゃないなら懇親会には参加したくない」という社員が出てきたためです。
本社での喫煙率は1割程度。9割の社員が快適であるために、1割の社員には我慢して
もらうことにしました。

一方、地方のオフィスに行くと途端に喫煙率が高くなりますので、
そう簡単ではありません。
さすがにオフィス内はもともと禁煙ですが、
懇親会時はもうお構いなし。一応、吸わない私に気を遣って
喫煙者は皆離れた席に座っていますが、それでも狭い居酒屋内では
もうもうとした煙に何時間も燻され続けながらたずっと飲み続けなければ
なりません。
お客様と一緒の時は仕方ないとしても、
せめて社内での飲み会時には煙は勘弁してもらいたいものです。
東京と違って、喫煙派が主流を占めていますので、
簡単ではありませんが、徐々に根気よく、啓蒙活動をしていこうと思います。

まずは来年中に神田本社にて喫煙者を撲滅することを目標とし、
その上で、できれば2020年くらいまでに全社喫煙者ゼロを達成。
私個人のミッションとして取り組みたいと思っております。

カテゴリー: 経営 | コメントする

2017年内定式(2回目)


台風一過の今週月曜日、今年2回目の内定式を行いました。
前回の内定式(10月2日)の時はまだ選考試験の途中であり、
内定式に間に合わなかった学生がいたのですが、
その後選考試験を通過し、新たに内定を出した学生がいたので、
その学生を対象に改めて実施したものです。
風邪で体調不良だったらしいのですが、
無理して来てくれ、明るい笑顔を見せてくれました。

それにしても今年の採用活動は大変でした。
ここ数年は、今年ほどの売り手市場でもなかったため、
昨年も良い学生が早めに確保でき、
夏前には採用活動はほぼ終了していました。
今年も昨年同様3月頃からスタートしたのですが、
結局10月一杯かかってしまいました。長かった!

今年特にストレスを感じたのは、
「内定を取ってから企業を選ぼう」という学生が多かったこと。
まずは中小で内定を確保して、大手を狙うという戦略だったのかなと思います。
内定をどれだけ出しても、最終的に当社を選んでくれるか分からず、
内定を出してからが勝負という感覚を持っていなかった当社としては
戦略上の失敗だったなと思う場面が多々ありました。

今までは内定を出した学生も当社を裏切ることなく入社してくれたので、
当社も「そこそこの」魅力がある会社になったのかと勘違いしていました。
でも、現実的にはそこまで甘くないということです。
本気で大企業と同じ土俵でガチンコ勝負したら勝てません。

来年からは「戦わずして勝つ」にはどうしたらいいか考えていかないと。
今回当社に入社を決めてくれた、Oさん、
一緒に戦おうね。当社の未来は君たちが作るのだよ。

カテゴリー: 経営 | コメントする

サイバーリスクセミナー開催します!


セミナーのお知らせです。
来たる11月17日に、東京海上日動社及びネットエージェント社と共催にて
サーバーリスクセミナーを開催することにしました。
詳細はこちらをご覧下さい。

サイバー攻撃のリスクは近年、急速に高まっており、
警察庁によると、IoT機器を狙ったとみられる不正アクセスは
昨年11月で1日平均2000件を超えているとのこと。

最近、特に脅威が取りざたされているのがランサムウェア。
ランサムウェアとは、「Ransom(人質)」と「Software(ソフトウェア)」を
組み合わせた造語で、金銭を脅し取ることを目的とした不正プログラムです。

ランサムウェアに感染すると、
パソコン内のファイルが暗号化されて開けなくなったり、
画面がロックされて使用不能になってしまいます。
また感染した端末だけではなく、
その端末に接続しているハードディスクやUSBメモリ、
さらには社内LANなどネットワーク上で保存されているファイル等も
暗号化されるおそれがあります。

その暗号化されたファイルの復号には、犯人が持つ秘密鍵が必要なため、
基本的には自分たちではファイルを元に戻すことは出来ません。

犯人は、その暗号化の復号や画面ロックの解除と引き換えに
「身代金」を要求するというわけです。

しかし、仮に犯人の要求に応じ、身代金を支払ったとしても、
データが復旧できる保証はありません。
現に海外では、データを暗号化したときの鍵を犯人側は廃棄しており、
復号化ができない仕組みになっているケースが頻発しているのです。

こうした現状がある一方で、まだまだ企業の関心度は高くはありません。
いまだにサイバーアタックといえば、
個人情報の窃取を目的とした攻撃が多いと思っている企業がほとんどで、
「身代金」として金銭を窃取する事を目的としたケースが
あることを認識している経営者の割合はごくわずかであるとのデータもあります。

サイバーアタックの手口は年々より巧妙化しております。
自社の対策は充分に取っていると思っても、
常に新しい情報に触れ、広い視野を持ってサイバーリスク対策に取り組むべきなのです。

セミナーでは最新の事例を盛り込んで、生々しい日本の実情について詳しくご説明します。
参加席数には限りがありますが、一社でも多くの企業にお越し頂き、
対策のヒントにしていただければ幸いです。

カテゴリー: 経営 | コメントする

社労士法人バリュー・アップ


この度、当社グループ内に社労士法人を設立することになりました。
法人名は「社会保険労務士法人バリュー・アップ」といいます。

来期より当社のコンセプトを
「価値を高めるプロ集団」と定義しようと思っているのですが、
まさしく、人事労務分野でコンサルティングサービスを提供することで、
企業、特に中小企業の価値を高めるお手伝いをしたいと思い、
「バリュー・アップ」と命名しました。

中小企業といっても、社員数が30名前後になってくれば
それ相応の組織構造も人事制度も整備していく必要があります。
特に新卒を含む若い社員を採用し、自社で教育をしようと思えば
きちんとした給与テーブルを作ることはもちろん、
人事評価体系を整備して定期的に人事考課を行うとともに、
教育体制も整備して個人の成長促し、
それを会社の成長につなげていく仕組みづくりが不可欠です。

昔書いたブログで、
「もともと起業するような社長は、エネルギッシュで、かつ器用な人が多いから
自分で営業やりながら、企業理念を作り、規定やマニュアルを作り、
売上げの管理をして、人の採用や教育もやって、と
マルチなスキルを発揮して頑張るが、
社員も20人、30人と増えてくると、組織管理のための負担はますます重くなり、
50人を超えると、もう誰かの助けを借りないと社長一人ではどうにもならなくなる。」
と載せていますが、

こうした忙しい社長の右腕となり少しでも組織づくりのお役に立てれば
嬉しいなと思っております。

具体的なサービス内容等については、
また追ってお知らせいたします。お楽しみに!

カテゴリー: 経営 | コメントする

大人の部活(バスケ編)


今はすっかりトライアスロンにはまってますが、
若いころはバスケットボール漬けの人生でした。
始めたのは中学からですが、
多少身長が高かったこともあり、中学でも高校でもキャプテンやって、
志望大学も、どうせなら強いところに行こうと思って筑波大学を選びました。

大学では、全国の強豪校から集まってくる連中の身体能力に驚愕、
いかに無謀なチャレンジだったか思い知らされ、初日の練習で早くも逃げ出したくなりましたが、
それでもレベルの高い環境で充実したバスケライフ(はい。勉強は全くしてません。。)を楽しみ、、

東京海上就職後も、当時日本リーグ2部で、実業団チームとしては
そこそこ頑張っていた会社のチームに入り(というか半強制的に入れられ?)、
毎週末は練習したりあちこち試合で遠征したりしておりました。

とはいえ、実業団チームだからと仕事は楽させてもらえるような甘い会社ではなく、
仕事とバスケの両立が結構大変だったのと、古傷だらけで脚もボロボロだったので、
現役選手は2年で引退させてもらい、マネージャーとして運営を手伝いながら
たまに仲間とお遊びでクラブチーム等の試合に出たりしている程度でしたが、
それでもなんだかんだ言って35歳まではバスケットをやっていました。

その後しばらくボールに触ることもなかったのですが、、
去年から他の会社の混成チームを作成し、バスケを再開しました。

その名も”VAMPSEA”(バンプシーと呼びます)!
当社と、(株)リヴァンプ(REVAMP)、シーオス(株)(SEAOS)という3社の合同チームで、
それぞれの会社の頭文字を取ってチーム名としました。
実際には上記以外の会社からも参加者はいて、
20名弱のメンバーにてワイワイガヤガヤ楽しくやっております。
ちなみに、私はメンバーでは最長老。
飛べない、ドリブルができない、たまにしかシュートが入らない、、等々ありますが、
スタミナでは負けてません!

ウェアは、シーオスにグラフィックのスペシャリストがいるおかげで、
相当に格好デザインといいものを着てます。
(NBAの有名チームの完全パクリという噂もありますが・・。)

先月から「ダンクカップ」というクラブチームの公式戦に登録し、
その中のD3というカテゴリーで先日2試合戦ってきました。
(下は試合前の円陣)

結果は2戦2勝です。イエイ!

といっても私はシュートが全然入らず、あんまり活躍できませんでしたが(笑)。
なお、このダンクカップでは、男女混合チームでもOKで、
女子選手が得点を決めた場合は、倍になるのが特徴です。
つまりは、女子選手が3点シュートを決めた場合は6点与えられるということです。
3点シュートが得意な女性がいると凄い有利になります。
もしシュートが得意な女性の方で久々に試合に出てみたいと言う人がいたら
是非ご連絡ください。VAMPSEAで楽しくバスケしましょう!

カテゴリー: 経営 | コメントする

身近なフィンテック


昨年末に前期の決算を終えたのを機に、
それまで使用していた弥生会計というソフトから、
ネット広告でよく目にしていたfreeeというクラウドサービスに移行しました。

このサービスの特徴は、日々の入出金とその記帳入力が
ほぼ完全に自働化できるところです。
多くの銀行やクレジットカード会社とオンラインで繋がっており、
公共料金など口座引き落としや、各種振込等の取引状況、
クレジットカードの明細情報が自動で取り込まれ、
どんどん記帳されていくのです。

今までは、そのデータを目で見ながら、
1行1行担当者が会計ソフトに手入力していましたが、
その作業から解放され、大幅な時間&コストの節約になりました。

さらには請求書作成機能や給与管理機能もあるため、
請求書管理や給料支払いに必要な勤怠情報も
一元管理できるのでとても便利!

しかも一番ありがたいのは、
「仕分け」という会計の知識がない人でも経理記帳が簡単にできること。
本当に便利な世の中になったものです。

ただ、一方でこの便利づくめなシステム導入にあたり、
社内である問題が勃発しました。

それまで「仕分け」には専門知識が必要だったのと、
取引件数も多くて経理業務が煩雑だったので、
顧問契約を結んでいる会計事務所とは別に
税理士資格を有する人をパート社員として雇い、
社内の経理業務を依頼していました。

しかし、freee導入によって専門知識がなくても、
極端に言えば、今日入ったばかりの会計素人のパートの人でも
経理担当が務まるようになり、
「経理担当=専門家」である必要がなくなってしまったのです。

だからと言って、こちらからその税理士に何か求めた訳ではないのですが、
頑なにfreee導入に反対したのち、方針は覆らないと悟った時点で自らお辞めになりました。
記帳の仕事が無くなった時点で当社には自分の居場所がないと思われたのでしょう。
更には、私があまりに「便利だ!」「(経理は)簡単だ!」を連呼したことが
苦学して資格を取ったというプライドを相当傷つけたようです。
後日もの凄い怒りの手紙までもらいましたので・・・。

AIの伸展による技術革新、凄まじい勢いで進んでいます。
特に金融分野では、フィンテックという言葉があるように、
次々と身近で便利なサービスが新しいサービスが生まれています。

必然的に、それらのサービスを生業にしていた人は職を奪われるという事です。
専門性がいくら高くても、単なる労働集約型のビジネスはもう通用しません。

でも、そうならそうと、機械と張り合うのではなく、機械を利用し、
能力と知識を生かしてもっと上位工程の仕事をすれば良いだけです。

スキル面でもマインド面でも柔軟性を持たないと、
世の中は辛くなるばかりだなと学んだ出来事でもありました。

カテゴリー: 経営 | コメントする

2017新卒内定式


早いものでもう10月です。
暑さも和らぎ秋の気配を感じる中、
2018年度入社予定の新卒社員内定式を執り行いました。
2011年から新卒採用をやり始めて今年で7年目です。

毎年社員の獲得に苦労するのは中小企業の性(さが)でしょうが、
今年は世間でも言われているように”超売り手市場”であり、
例年にも増して学生の獲得が大変だと実感しております。

3月から採用活動を始め、会社説明会は数十回開催しておりますが、
それでも予定していた内定者が確保しきれておらず、
まだ採用活動は終わっておりません。

そんな訳で、とりあえず現時点での内定者ということで、
2名の内定者に来てもらいました。
本当に「よくぞ来てくれました」という感じです。

内定式では、各役員から約10分くらいずつ話をした後、
内定証書の授与、そして記念撮影を行いました。
その後は懇親食事会。
なお、昨年は夕方に内定式を実施し、そのまま飲み会に突入したのですが、
今年は二人ともあまりお酒が得意ではないとのことだったので、
懇親昼食会としました。

最初は緊張で表情が硬かった学生さんたちも
朗らかな笑顔を見せてくれました。
来春の一緒に働ける日が来るのが今から待ち遠しいです。

なお、まだまだ来春入社希望の学生さんの応募は受け付けております。
引き続き良い出会いを求めておりますので、
保険代理店、住宅ローン代理店の仕事に興味がある方は
ぜひご連絡ください。

カテゴリー: 保険, 経営 | コメントする

Value Rules Book


以前もブログで書いていますが、弊社では独自の理念集として
「Value Way」 というものを定めています。

これは、当社の企業理念、価値観、行動指針、および社員の資質等の
原理原則を記したものであり、下記の4つで構成されています。

①Our Mission(企業理念) = お客様への約束
②Value Philosophy(企業哲学) = 仲間との価値観共有
③Value Basic(行動指針) = 自分への約束
④Valuemanship(社員としての資質) = 当社社員に必要な資質

今般、そこに就業規則やコンプライアンス等の各種規定も付け加え、
「Value Rules Book」という名称で改訂し、
冊子として製本して全社員に配布しました。
また、配布しただけでなく、複数回に分けて全社員を集め、
講義形式で内容の説明も行いました。

会社設立後、12年経過していますが、
このような形で企業理念から就業規則にいたるまで
事細かに説明したのは初めてのことです。
こういう機会が必要だとかなりまえから思っており、
ずっとやろうと思っていましたが、
なかなかタイミングがなくて見送っていました。

今回、401k導入も決めて就業規則を変更したこともあって、
その周知の必要もあったので、ようやく実現!!

成果を出すには、「ノウハウ(Know How=どのようにやるか)」が
重要とよく言われます。
特に金融の世界では、顧客に商品を売り込むためにロープレをやったり、
比較表などのツールを工夫したりして、いかにして「売り込むか」というテクニックの追求に走りがちです。

でも顧客との間で信頼の絆で結ばれているためには、
小手先のノウハウよりも、
「何のために我々はこのビジネスをやっているのか」
「なぜ私はこの商品をお客様におすすめしているのか」
という原理原則の方が重要で、
つまりは、「ノウハウ」よりも「ノウホワイ(Know Why=なぜやるのか)」
をまずしっかりと理解する必要があるのです。

これはマーケティングの上でも重要な要素なのですが、
多くの社員はそこまで考えていません。
「ノウハウ」は仕事をしていれば、勝手に社員は覚えていくものですが、
「ノウホワイ」は、説明してあげないとわからないのです。

だから当社ではテキストを作り、
「なぜ当社の社名はValue Agentなのか?」
「なぜあなたは努力しないといけないのか?」
「なぜ職場には規律が必要なのか?」  etc.
といったことを、きちんと言語化し、伝えてあげることにしたのです。

とはいえ、伝わり方には社員によって相当温度差はあるでしょう。
中には「社長の勝手な価値観の押し付け」って思っている社員もいるかも。
(というか、いる。)
でもそれでいいのです。
だって、そうすれば私は何回も説明するチャンスに恵まれるので。。。
何回だって説明したい。それくらい思い入れがありますから。

なお、このValue Way についえては、
今後希望する経営者の方々には作成方法を伝授します。
多少のフィーはいただきますが、会社としての原理原則を作るのはいいものですよ。
ご興味あればご連絡ください。

カテゴリー: 経営 | コメントする

佐渡国際トライアスロン完走!


9月3日(日)に新潟県佐渡市にて開催された、
「佐渡国際トライアスロン大会」に出場してきました。

この大会は、距離が長いAタイプと、その半分くらいの距離のBタイプとがあります。
私が出場したのはAタイプ。
スイム4Km、バイクは島一周の190Km、そして最後のランが42.2Kmと、
アイアンマン(鉄人)レースよりもスイム、バイクの距離は長く、
日本で開催されるトライアスロンでは、最長距離の大会です。

私にとっては初のロングレース。
これまでは、毎年6月に愛知県の常滑市で開催される
「ハーフアイアンマンレース(スイム1.9Km、バイク90Km、ラン21Km)」
が最長でした。
今回の佐渡Aタイプはその倍以上の距離ですから、
完走できるか直前までドキドキ・・・。
で、結果は、、、

13時間00分というキリの良いタイムで、無事完走!!
Aタイプの出場選手958人中221位という、まずまずの成績でした。
何とか14時間を切れたらいいなと思っていたので、もう大満足です。

特に最後のランについては、過去練習も含めて25Km超の距離を走ったことが
無いままのぶっつけ本番状態で、一番の不安材料でした。
しかし、今回はエイドステーション以外では歩くことも無く、
結果サブ4.5を達成でき、大きな自信になりました。

ちなみに、当社の辻君は毎年この大会に出ており、
今年も同じAタイプに出場しましたが、合計タイムは11時間19分で、
総合34位、年代別で3位に入賞という素晴らしい成績でした。
特に最後のランは3時間22分という凄い記録。
ランだけだったら全体の11位です。異次元の世界ですね!

・・以下、レースの振り返りです・・
当日は台風15号の影響で天気がどうなるか心配されましたが、
やや風が強めだったくらいで、佐渡の天候にはほとんど影響はなく、
最高気温も26度と絶好のコンディションでした。

スイムは水がきれいで波は全くなく、非常に泳ぎやすかったです。
ただ、今回はウェーブスタート(いくつかのグループに分け、時間をずらしてスタート)
ではなく、朝6時に一斉スタートなので、
バトル(選手同士がぶつかったり重なったりすること)は凄く、
終始ダンゴ状態の中を泳いでいて、叩かれる、乗られる、
ゴーグル外れるが何度もありました・・。

1時間半かけてようやく4キロ泳ぎきり、
ウェットスーツ脱ぎつつシャワーを浴び、
急いでバイクジャージに着替え、バイクスタート。
序盤は佐渡の美しい海岸線を眺めながらの快適なツーリング。
飛ばしたい気持ちを抑え、心拍数が上がりすぎない様意識しながら
マイペースを心がけて淡々とペダルを踏み続けました。
さすがに後半は同じ景色に飽きて気持ちがダレてきたのと、
アップダウンの多いコースに徐々に足も消耗し、
さらに首やお尻、腰なども痛くなって、最後はスピードが伸びず、
想定よりは遅くなってしまいましたが、
それでも7時間を切るタイムでフィニッシュ。

いよいよ最後のラン。片道10Kmの往復コースを2周回です。
トランジションでストレッチをしっかりし、痛み止のロキソニンを飲み、
・絶対に飛ばさない
・エイドステーション以外では歩かない
・疲れてもフォームを意識し、同じリズム・ペースで足を出し続ける
の3つを心に誓ってスタートしました。

長く苦しいランでしたが、沿道の方々の応援に勇気づけられ、
また、時折すれ違う仲間と声をかけ互いに励ましあって
豊かな田園地帯の中淡々と足を進め、最後まで踏ん張れました。

歓声の中、ゴール前の花道を皆にハイタッチしながら走り、
最後のゴールテープを切る瞬間は本当に最高の気分。
この高揚感はとても文章では伝え切れません。
頑張ってよかった!!

今、レースから数日経っておりますが、
いまだ残る筋肉痛や膝、腰の痛みが、いかに大変なレースだったかを
物語っています。
体調管理も含めた事前の準備は本当に大変だったし、
トレーニング時間を確保するため色々なものを犠牲にしました。
「ロングは体に悪いので、もうこれっきりにしよう」
「ベストを尽くしたしもう十分に満足した」とは思うのですが、、、

日が経つにつれ、レースの事を思い出すたびに
満足感に反省と欲張りな気持ちが割り込んできて、
「ああすれば良かった」「そこを改善できれば」「もっと速くなれるかも」
とか思ってしまうもう一人の自分もいます。
さらに数日経つと「来年はさらに記録更新だ!」とか思ってしまうかもしれません。
こうして皆ロングのレースにはまっていくのでしょうね。。。

カテゴリー: 経営 | コメントする

IRONMAN70.3完走!


6月11日に愛知県常滑市周辺で開催された、IRONMAN70.3(※)に、
当社から千秋、小林、辻の3名で出場して来ました。
※正式名称は、アイアンマン70.3セントレア・ジャパン
※距離はスイム1.9km、バイク90.1km、ラン21.1km

会社チームメンバーは全員完走!メデタシ!メデタシ!
特に辻君は特別カテゴリーにて入賞!素晴らしい。

梅雨入り直後とあって、天候が心配でしたが、
当日朝の天候は曇り。やや肌寒いくらいの涼しさで、
まずまずのコンディションでした。

なお、私個人的には昨年の記録を上回れず少々がっかり。
海水温がやや低めで、スイムに入ってすぐに左足が攣ってしまい、
バイクパートに移ってからもしばらく左足に力が入らず、右足中心で
漕いでいるような感じでした。

それでも、バイク終盤では足の状態はかなり回復、
アップダウンが続くコースながら前を行く選手を次々抜いて、
昨年よりも10分以上速いペースでランパートに移り、
「これはいける!」と思っていたのですが、
スイム&バイクで右脚ばかり使っていたのが祟ったのか、
ランに移って6Km地点で今度は右足の膝が猛烈に痛み出し、
もうタイムを縮めるどころではなくなってしまいました。

そこからはもう、ただ痛みをこらえつつ走ったり歩いたり、
立ち止まってストレッチしたりの繰り返し・・。
どうにかこうにか残り15Kmを走りきって
ぎりぎり6時間切るタイムでゴール。

かなり準備して望んだつもりでしたが、、、そう甘くはないですね…。
また鍛え直します。応援ありがとうございました。

カテゴリー: 経営 | コメントする